カテキンの量が最も多いお茶は?ペットボトルでは?

カテキンの量が最も多いお茶は?ペットボトルでは?

ダイエットや抗ウイルス作用など嬉しい効果のあるカテキンですが

最も多く含まれているお茶は何でしょうか?

また、手軽に購入できるペットボトルでは、どのお茶でしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

カテキンの量が最も多いお茶は?

カテキンの量が最も多いお茶についてです。

カテキンは、ポリフェノールの一種ですが、成分によって種類があるようです。

茶葉に含まれる4種類のカテキンと加工過程で変化した4種類のカテキンです。

茶葉に含まれる4種類のカテキン

  • エピカテキン
  • エピガロカテキン
  • エピカテキンガレート
  • エピガロカテキンガレート

加工過程で変化した4種類のカテキン

  • エピカテキン→カテキン
  • エピガロカテキン→ガロカテキン
  • エピカテキンガレート→カテキンガレート
  • エピガロカテキンガレート→ガロカテキンガレート

加工過程で加熱処理をすることで4種類に変化します。

カテキンには、抗酸化作用や抗ウイルス作用、ダイエット効果など

嬉しい効果がたくさんあります。

詳しくは↓

緑茶カテキンの効果や含有量は?

お茶には、不発酵茶・半発酵茶・全発酵茶・後発酵茶がありますが

いずれにもカテキンは含まれています。

不発酵茶は、緑茶、半発酵茶は、ウーロン茶、全発酵茶は、紅茶

後発酵茶は、プーアール茶などがあります。

こちらも合わせてどうぞ↓

発酵茶の効果

カテキンの中でも生理活性作用が高いとされるエピガロカテキンガレートが

一番多く含まれているのが緑茶だと言われています。

しかし緑茶を急須で入れた場合は、茶葉にカテキンが多く残ってしまうため

たくさん飲む必要が出てきます。

エピガロカテキンガレートをそのまま摂り入れるためには、茶葉を粉末にして

摂るのがいいかなと思います。

それで私は、お茶プレッソで粉末にした緑茶を飲んでいます↓

ヘルシオ お茶プレッソの使い方と口コミ!

カテキンの量が多いペットボトルは?

カテキンの量が多いペットボトルについてです。

100ml中のカテキンの量について多い順番からです↓

  • ヘルシア緑茶α(花王):164mg
  • おーいお茶濃い茶(伊藤園):87mg
  • 2つの働きカテキン緑茶(伊藤園):81mg
  • 一番摘み玉露入り緑茶(ニットービバレッジ):41mg
  • トップバリュー緑茶(イオン):39mg
  • 綾鷹(コカコーラ):38mg
  • 伊右衛門(サントリー):37mg
  • 生茶(キリンビバレッジ):32mg

(参照元:http://www.do-syouhi-c.jp/test/kira124ryokutyanokatekin.pdf)

特定保険用食品でもあるヘルシア緑茶αや2つの働きカテキン緑茶

機能性表示食品のおーいお茶濃い茶は、カテキン量が多いですね。

特定保険用食品は、健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて

認められているもので「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が

認可されているものです。

国が審査を行い食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

機能性表示食品は、事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を

表示したもので消費者庁長官の認可は受けていません。

特定保険用食品の認可を取るためには、長い年月もかかるそうです。

カテキンの量から見てもペットボトルの緑茶を購入する時には

特定保険用食品のものを選ぶようにしようと思いました。

特定保険用食品や機能性表示食品以外の緑茶でも100mlあたり30〜40mgの

カテキンは入っているので、ガブガブ飲む場合は、お値段的にも

普通のペットボトルの緑茶でもいいかなと思います。

状況に応じて使い分けるのがいいかもしれませんね。

カテキンの量が最も多いお茶は?ペットボトルでは?まとめ

カテキンの量が最も多いお茶は?ペットボトルでは?まとめです。

ポリフェノールの一種カテキンには、抗酸化作用や抗ウイルス作用

ダイエット効果など嬉しい効果がたくさんあるので積極的に摂りたい

ものですね。

カテキンを丸ごと摂り入れるためには緑茶を粉末にして飲むのもオススメです↓

ヘルシオ お茶プレッソの使い方と口コミ!

ペットボトルの緑茶は、特定保険用食品や機能性表示食品の緑茶に

たくさんのカテキンが入っています。

たっぷりとカテキンを摂りたい方は、特定保険用食品や機能性表示食品の緑茶を

選ぶといいかもしれませんね。

◆ダイエット・薬膳など美容と健康のメルマガも無料なので読んでみてくださいね↓

脂肪燃焼スープダイエット無料メルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする