小豆ダイエット効果とやり方:レシピ付

小豆ダイエット効果とやり方・レシピについてご紹介したいと思います。

和菓子や赤飯などに使われているイメージがある小豆。

小豆には、嬉しいダイエット効果もあります。

小豆を使ったレシピでダイエット出来たらいいですよね。

詳しくみていきましょう。

小豆の由来

小豆の由来についてです。

あずきの名の由来は、江戸時代の学者、貝原益軒の「大和本草」によれば、

「あ」は「赤色」、「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、

赤くて煮ると皮が破れて豆が崩れやすいことから

「あずき」になったとされています。

引用元:公益財団法人日本豆類協会

古来から人々の生活と密接に結びついた豆で、

我が国や中国、朝鮮ではあずきの赤色に魔除けなどの神秘的な力があると

信じられ、行事や儀式などに供されてきました。

引用元:公益財団法人日本豆類協会

小豆の4つの美容効果

小豆の4つの美容効果についてです。

小豆には、健康に良いとされる成分が豊富に含まれています。

  1. むくみ改善
  2. 便秘解消
  3. ダイエット
  4. 美肌

4つの効果が期待出来ます。

詳しく見ていきましょう。

1.むくみ改善

小豆は、ミネラル成分が豊富。中でもカリウムは、むくみを改善してくれます。

薬膳的にも小豆は、代謝を上げ、むくみを改善する働きがあります。

2.便秘解消

小豆は、食物繊維も豊富なので、便秘改善にも効果的です。

3.ダイエット効果

小豆に含まれる大豆サポニンは、アディポネクチンを分泌させ

脂肪燃焼を促進し、脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。

ビタミンB1も代謝を促進するのでダイエット効果が期待できます。

4.美肌効果

小豆は、ポリフェノールが豊富。

抗酸化作用によりたるみやしわ、シミの予防効果が期待できます。

小豆のダイエット効果

小豆のダイエット効果についてです。

小豆には、多くのデンプンが含まれています。

通常デンプンは、糖質なので太ると思われがちなのですが

このデンプンには、2種類あるのだそうです。

小豆に含まれているデンプンは、レジスタントスターチと言って食べても消化吸収されず

便の量を増やして腸の蠕動運動を活発にしてくれる働きがあります。

レジスタントスターチは加熱をすると減ってしまうのですが、

小豆は、他の食品に比べ加熱した後でもトップクラスで多く含まれているのだそうです。

大豆サポニンとビタミンB1も豊富に含まれていることからも

大変ダイエット効果が大きいと言えそうです。

小豆ダイエットのやり方

小豆ダイエットのやり方についてです。

小豆は、ダイエット効果が大きいと言えども、やっぱり甘いぜんざいやあんこは、

砂糖もたっぷりと使われているので、食べすぎると糖質の取り過ぎになってしまいますね。

そこでオススメなのが

  • 小豆茶
  • 酵素玄米

です。

詳しく見ていきましょう。

小豆茶

材料:

  • 乾燥小豆

作り方:

  • 水洗いして水気を切った後、アルミホイルの上に置く
  • オーブントースターで5〜10分くらい加熱する
  • 鍋に水を沸かし加熱した小豆を入れ15分くらい煮る

小豆を茹でた後の煮汁をそのまま飲む

というのも簡単でいいですよね。

小豆茶には、美容効果がいっぱいあるので

小豆の煮汁は、捨てずに飲むことがオススメです。

小豆茶の飲み方 

小豆茶は、カフェインも入っていませんので、1日に何杯飲んでも大丈夫です。

また、妊婦さんも安心して飲むことが出来ます。

市販の小豆茶もありますので、上手に活用するといいですね。

酵素玄米

酵素玄米は、玄米と小豆を一緒に炊いた小豆ご飯です。

酵素玄米ダイエットがあるくらいなのでダイエットにオススメです。

材料:

  • 玄米3合
  • 小豆30cc
  • 天然塩小さじ1/2 
  • 水4.5合

作り方:

玄米を軽く洗って小豆、塩、水を入れて右回りに3分かき混ぜる→炊飯器にセット→玄米モードで炊く→3日間熟成

引用元:https://sarasaradou.com/tukurikata/

こちらも合わせてどうぞ↓

酵素玄米の作り方

酵素玄米の体験談

酵素玄米のダイエット体験談

小豆ダイエット効果とやり方:レシピ付まとめ

小豆ダイエット効果とやり方:レシピ付まとめです。

小豆には、嬉しいダイエット効果がいっぱいです。

また、美肌効果もありますので綺麗に痩せることが出来ます。

小豆ダイエットにオススメのレシピは、簡単ですので是非、試してみてくださいね。

もっと手軽にダイエットしたい!という方には、こちらもオススメです↓

大人の置き換えダイエット美穀菜

    

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする