はと麦の美白・ダイエット効果!副作用は?レシピ付

はと麦の美白・ダイエット効果!副作用は?

はと麦は、ヨクイニンの生薬としてお化粧品やサプリなどたくさん使われています。

美容や健康に良さそうです。

どのような効果があるのでしょうか?副作用はないのでしょうか?

手軽に取り入れることが出来るレシピも含めて詳しく見ていきたいと思います。

はと麦とは?

はと麦についてです。

はと麦は、美肌・健康に良いと言われている穀物です。

はと麦の外殻、薄皮、渋皮を取り除いた子実がヨクイニンと呼ばれ漢方として使われています。

近年では、お化粧品にも使われていますね。

ハトムギは西暦100~200年頃の中国の後漢の時代に、

馬援(まえん)という人物が植えたとされていて、

ハトムギの学名「ma-yuen」の語源にもなっています。

日本には江戸時代に八代将軍徳川吉宗によって広められたとも言われています。

引用元:Pluskirei

漢方の医学書「神農本草経」では、「身体を快調にして、不老長寿に効果があるもの」とされています。

はと麦の美白効果

はと麦の美肌効果についてです。

漢方のヨクイニンは、肌荒れやイボの薬としても使われます。

近年は、ヨクイニンのお化粧品がとても増えました。

昔からお肌の力を底上げすると言われ漢方として使われてきたようです。

はと麦の美肌効果は、

肌のターンオーバーを正常化

抗炎症作用があるので肌荒れにも良いとされています。

中国の宮廷料理では、女性の肌を美しくするとして使われていたようです。

はと麦には皮膚のくすみやシミを減らす効果があるという実験結果があります。

はと麦によって透明感のある肌美しいお肌になれそうです。

はと麦のダイエット効果

はと麦のダイエット効果についてです。

はと麦は、かみごたえのある雑穀なので、ダイエットにも向きます。

よく噛むことで満腹感が得られやすくダイエット効果が期待できます。

ご飯と一緒に炊くといいですね。

はと麦の副作用

はと麦の副作用についてです。

はと麦は、食物アレルギーが起きにくい食品だと言われています。

はと麦には、抗アレルギー作用の働きもあると言われています。

はと麦の食べ方

はと麦の食べ方についてです。

はと麦は、ご飯と一緒に炊いたり、サラダやスープなどさまざまなお料理に使うことが出来ます。

ただ、はと麦は、殻が硬いのでまとめて茹でて小分けにして冷凍保存がオススメです。

  1. はと麦を洗って水につけたまた一晩つける
  2. つけたお水は捨てて、たっぷりのお水で20分程度茹でる
  3. はと麦が柔らかくなったらざるにあげ、小分けにして冷凍保存

はと麦レシピ

はと麦レシピをご紹介します。

はと麦の薬膳レシピです。

はと麦と芡実の薬膳ご飯

材料:

  • はと麦 1/2cup
  • 芡実  10g
  • 米   1.5cup

作り方:

  • 4cupの水に芡実を入れ、30分煎じる。
  • 1に研いだ米とはと麦を入れ、水を調整して炊く。

はと麦と蓮の実の薬膳ご飯

材料:

  • はと麦1/2cup
  • 蓮子 10g
  • 米  1.5cup

作り方:

米を研ぎ、はと麦と蓮子を入れて炊く。

はと麦とドクダミの薬膳茶

材料:

  • はと麦 20g
  • どくだみ茶3g

作り方:

  • はと麦は、一晩水に漬けておく
  • 20分煎じてからどくだみを入れ10分煎じる

ニキビや吹き出物の時にオススメの薬膳茶です。

はと麦の美白・ダイエット効果!副作用は?レシピ付まとめ

はと麦の美白・ダイエット効果!副作用は?レシピ付まとめです。

はと麦は、美白・ダイエット効果が期待できる食材です。

スーパーで簡単に手に入れることも出来ますので、試してみてはいかがでしょうか。

もっと手軽にという方は、17種類の穀物が摂れるこちらもオススメです↓

大人の置き換えダイエット美穀菜

◆ダイエット・薬膳など美容と健康のメルマガも無料なので読んでみてくださいね↓

脂肪燃焼スープダイエット無料メルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする