脂肪燃焼スープにブロッコリー入れてもいい?

脂肪燃焼スープにブロッコリー入れてもいい?

脂肪燃焼スープにブロッコリーを入れるというのは

あるのでしょうか?

詳しく見ていきたいと思います。

脂肪燃焼スープにブロッコリー入れてもいい?

脂肪燃焼スープにブロッコリー入れてもいいのでしょうか。

お悩みについてyahoo知恵袋さんから引用してみます↓

脂肪燃焼スープってあるじゃないですか。

これって具材変えても大丈夫ですか?

ピーマンとセロリが苦手なので、ブロッコリーとか舞茸とか考えてます。

引用元:yahoo知恵袋

脂肪燃焼ダイエットスープがありますが…

キャベツ・ホールトマト・セロリ・タマネギ・ピーマンの他に

ニンジンやブロッコリーも入れてしまうと如何でしょう?

引用元:yahoo知恵袋

ブロッコリーは、栄養も豊富で美味しいですよね。

脂肪燃焼スープにブロッコリーを足す

あるいは、具材をブロッコリーに変える

どのようになるか詳しく見てみましょう。

まずは、ブロッコリーの栄養についてです。

ブロッコリーは、他の野菜と比較しても低カロリーで豊富な栄養です。

  1. タンパク質
  2. 食物繊維
  3. カリウム
  4. 葉酸
  5. ビタミンC

などが豊富です。

詳しく見ていきます。

1.タンパク質

野菜のタンパク質は、少ないのが普通ですが

ブロッコリーに含まれるタンパク質は、100あたり4.3gです。

豆腐100gあたりのタンパク質は、6.6gです。

ブロッコリー100gあたり33kcalですので、低カロリーで

タンパク質を摂ることができることがわかります。

タンパク質は、筋肉や美肌作理に欠かせない栄養素です。

2.食物繊維

ブロッコリーに含まれる食物繊維は5.1gと豊富です。

ゴボウ100gあたり6.1g、サツマイモ100gあたり3.8g

ですので、比べてみても引けを取らない食物繊維量です。

ブロッコリーの食物繊維は、不溶性食物繊維で水分を吸収して

便の量を増やす働きがあります。

3.カリウム

ブロッコリーの含まれるカリウムは100gあたり460mgと豊富です。

カリウムの多い小松菜は、100gあたり500mgですので

豊富なカリウムの量だと言えます。

高血圧予防やむくみ解消に欠かせない栄養素です。

4.葉酸

ブロッコリーに含まれる葉酸は、100gあたり220mg

ほうれん草は、100gあたり210mgですので約2倍の含有量です。

葉酸は、細胞の増殖に関わる栄養素で赤血球の賛成に関与していることから

増血ビタミンとも呼ばれています。

胎児の正常な発育をサポートする栄養素の1つですで

妊娠を希望する女性や妊娠を計画している女性は

意識して取り入れる必要があります。

5.ビタミンC

ブロッコリーのビタミンCは、100gあたり140mgと大変豊富です。

レモン100g50mgですので、3倍近くのビタミンC含有量になります。

ビタミンCは、血管や歯、軟骨、皮膚などを正常に保つ働きがある

欠かせないビタミンです。

脂肪燃焼スープにブロッコリーを入れる効果

脂肪燃焼スープにブロッコリーを入れる効果についてです。

  1. 脂肪燃焼スープにブロッコリーを足す
  2. 具材をブロッコリーに変える

2点について見ていきましょう。

1.脂肪燃焼スープにブロッコリーを足す

ブロッコリーは、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富なので

ダイエット向きの食材でもあります。

脂肪燃焼スープに加えることでブロッコリーの効果も得られます。

2.具材をブロッコリーに変える

脂肪燃焼スープの食材は、

  • 玉ねぎ  
  • セロリ 
  • キャベツ 
  • トマト  
  • 人参   
  • ピーマン 

です。

yahoo知恵袋さんでは、ピーマンとセロリを

ブロッコリーに変えたいとのことでした。

ピーマンとセロリも栄養豊富な食材です。

ピーマンとセロリを入れない場合、栄養を摂取できないと

いうことになりますが

ブロッコリーには、近い働きがありそうです。

ピーマンとセロリが苦手な方は、ブロッコリーに変えるというのも

ありかなと思います。

こちらも合わせてどうぞ↓

脂肪燃焼スープセロリなしの効果は?

脂肪燃焼スープにブロッコリー入れてもいい?まとめ

脂肪燃焼スープにブロッコリー入れてもいい?まとめです。

ブロッコリーは、栄養が豊富な食材ですので

脂肪燃焼スープに入れるのは、いいのではないでしょうか。

学んで食べて綺麗になる!ダイエットオンライン資格もオススメです。

◆ダイエット・薬膳など美容と健康のメルマガも無料なので読んでみてくださいね↓

脂肪燃焼スープダイエット無料メルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする