薬膳スープの効果とレシピ!

薬膳スープの効果とレシピ!

薬膳スープと聞くと美容と健康に良さそうなイメージです。

薬膳スープの効果やおうちで簡単に作れるレシピについて

詳しく見ていきたいと思います。

薬膳とは?

薬膳とは、季節や体調に合わせ食材や生薬を組み合わせた料理のことです。

医食同源の言葉の通りに食べた物が薬になるという考え方で

中医学に基づいています。

中医学には、未病という考え方があります。

未病とは、病気になる前に治すという意味です。

日常生活の中に取り入れることによって未病を目指すのが薬膳の考え方です。

こちらも合わせてどうぞ↓

未病治とは?

薬膳では、四気五味あるいは、五気六味に食材や生薬が分類されています。

四気(五気)

  • 寒性
  • 涼性
  • 温性
  • 熱性
  • 平性

体の熱をとる働きと体を温める働きの4つに平性が加わると五気と考えます。

体の熱をとる・解毒作用がある物が寒性と涼性になります。

  • 寒性・・菊花・スイカ・ニガウリなど
  • 涼性・・百合・キウリ・セロリなど

身体を温める・気血循環を良くする物が温性と熱性になります。

  • 温性・・人参・栗・鶏肉など
  • 熱性・・胡椒・唐辛子など

平性は、陰陽のバランスを調えます。

平性・・はと麦・キャベツなどがあります。

五味(六味)

五味とは、酸味・苦味・甘味・鹹味のことで、淡味を加えると六味と考えます。

淡味には、白菜やとうもろこしなどがあります。

五味は、五臓と関係しています。

引用元:養成酒

薬膳スープの効果

薬膳スープの効果についてです。

四気五味あるいは、五気六味の食材や生薬を組み合わせたのが薬膳スープです。

薬膳スープは、美容・健康に効果があります。

ダイエット・美肌・むくみ予防や解消

肩こり・生理痛・便秘・冷え性などの不調改善

と、さまざまな効果がありますが、基本は、即効性よりも続けていくことで

じわーっと効果を実感していくものです。

薬膳スープを作って1回、食べることで体が温まったり、

ほっとできたりという効果はありますが、不調を改善するためには、

続けるのが一番です。

食材や生薬を組み合わせる薬膳は、なんとなく難しそうにも感じる人も

多いかもしれませんが、スープだと簡単に続けやすいのでオススメです。

薬膳スープのレシピ

薬膳スープのレシピについてです。

鶏肉と冬瓜、なつめの薬膳スープ

疲れている時、めまい、肩こり、生理痛の時にオススメの薬膳スープです。

身体も温まります。

材料

  • 鳥手羽中・200g
  • 冬瓜・1/4個
  • 干し椎茸・3個
  • ドライ棗・2〜3個
  • 塩・小さじ1
  • 松の実・大さじ2
  • 昆布・5cm角1枚

作り方

  • 鶏肉は、塩をふり、1時間以上おく。茹でこぼしてサッと洗う
  • 干ししいたけは、水3cupでもどし、軸をとって4つ割りにする。なつめはサッと洗う。冬瓜は皮をむいて一口大に切る。
  • 鍋に1と2、椎茸の戻し汁と松の実、昆布を入れて火にかけ、煮たったら塩で味を調える。
  • 火を弱めて20〜30分じっくりと煮る

引用元:#脂肪燃焼やせるスープ大全科92P

大豆と玉ねぎのスパイススープ

体を温め脂肪燃焼効果のあるスープです。

冷え性・ダイエットに向きます。

クコの実についてはこちらもどうぞ↓

クコの実の効果や栄養!

材料

  • ゆで大豆・50g
  • 玉ねぎ・1個
  • 生姜・1かけ
  • にんにく・1かけ
  • クコの実・10g
  • オリーブオイル・大さじ1
  • カルダモン・小さじ1/2
  • コリアンダー・小さじ1/2
  • クミン・少々
  • カイエンペッパー・少々
  • 醤油・小さじ1
  • 鶏ガラスープの素・小さじ1/2
  • 水・2cup

作り方

  • 玉ねぎは薄切り、にんにくと生姜はみじん切りにする
  • クコの実はサッと洗う
  • 鍋にオリーブオイルと玉ねぎ、にんにく、生姜を入れて炒める
  • 水と鶏がらスープの素、大豆、クコの実を加えて中火で10分
  • カルダモン、コリアンダー、クミン、カイエンペッパー、醤油を加えて味を調える

引用元:#脂肪燃焼痩せるスープ大全科

薬膳スープの効果とレシピ!まとめ

薬膳スープの効果とレシピ!まとめです。

未病治の考え方の薬膳は、食材や生薬を組み合わせて作ります。

薬膳スープは、おうちで簡単に作ることが出来る薬膳だと言えます。

薬膳スープを体調管理や美容に役立ててみてはいかがでしょうか。

◆ダイエット・薬膳など美容と健康のメルマガも無料なので読んでみてくださいね↓

脂肪燃焼スープダイエット無料メルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする