脂肪燃焼スープダイエット成功のコツは、タンパク質!

脂肪燃焼スープダイエット成功のコツはタンパク質!

についてです。

脂肪燃焼スープは、野菜スープなので肉や魚などのタンパク質が入っていません。

しかし、綺麗に痩せるためには、タンパク質は重要です。

また、ダイエットの成功のコツは、タンパク質補給にあります。

脂肪燃焼スープダイエットの時にタンパク質補給はどのようにしたらいいのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。

脂肪燃焼スープダイエット

脂肪燃焼スープダイエットについてです。

脂肪燃焼スープダイエットの基本は、7日間コースです。

7日間の基本メニューは、

朝食:脂肪燃焼スープまたは脂肪燃焼ダイエットジュース

1日目〜3日目

  • 昼食・夕食:脂肪燃焼スープ+大豆製品、卵、野菜、海藻類
  • +αでバナナ以外の果物O K

4日目

  • 昼食・夕食:脂肪燃焼スープ+大豆製品、卵、野菜、海藻類
  • +αでバナナ、牛乳

5日目〜6日目

  • 昼食・夕食:脂肪燃焼スープ+大豆製品、卵、野菜、海藻類、肉か魚
  • +αでバナナ以外の果物O K

7日目

  • 昼食・夕食:脂肪燃焼スープ+大豆製品、卵、野菜、海藻類、酵素玄米or玄米
  • +αでバナナ以外の果物O K

こちらの最新版書籍から↓

7日間メニューを見てみると

毎日、タンパク質を摂るようになっていますね。

脂肪燃焼スープに肉や魚が入っていなくてもメニュー通りなら

タンパク質は摂れることになります。

脂肪燃焼スープの作り方について詳しくは↓

脂肪燃焼スープダイエットのやり方

脂肪燃焼スープダイエットのポイントはタンパク質

脂肪燃焼スープダイエットのポイントはタンパク質です。

脂肪燃焼スープダイエット集中7日間プログラムでは、

ご飯などの炭水化物を食べる量がかなり少なくなります。

炭水化物を摂る量が減ると満足感が減ります。

そうするとついつい、食後にお菓子を食べてしまう、といったことになりがちに。

それでは、逆効果ですよね。

そこで、炭水化物を減らしても満足感を得るポイントは、

たんぱく質の摂取です。

肉、魚、卵、大豆製品などですね、

加工してあるソーセージやハム類は、添加物に

発がん性物質があると言われているのでほどほどにしましょう。

一番のオススメは、豆腐や納豆などの大豆製品

植物性たんぱく質が豊富ですよね

上手にたんぱく質を摂って満足感ある状態がダイエット成功のコツでもあります。

脂肪燃焼スープダイエット肉・魚の味付け

脂肪燃焼スープダイエット肉・魚の味付けについてです。

ダイエット期間中ですので味付けにも気を配りたいものです。

体のコゲと言われる糖化は、体内の余分な糖質が

タンパク質と結びついて細胞などを劣化させる現象です。

糖化が進むとシワやシミ、くすみなどとして現れてきます。

糖化によって作られるAGEは、老化現象を

引き起こす物質と言われていますが、

高温で調理することで大きく増えるのだそうです。

一番いいのは、生、ついで茹でるか、煮る、

焼いたり、揚げるのが一番増えてしまうということです。。

魚は刺身以外は、火を通すし

肉なんて、火を通さなければ食べられませんね。

そこでお勧めなのは、酢やレモンを使うこと

酢やレモンは、AGEを減らしてくれる働きがあるのだそうです。

さらに、酢は血糖値も下げてくれる働きがあるので積極的に摂りたいですね。

7日間脂肪燃焼スープダイエットにも魚や肉の日がありますので

是非、酢やレモンと一緒に食べていただくといいですね。

脂肪燃焼スープダイエット成功のコツは、タンパク質!まとめ

脂肪燃焼スープダイエット成功のコツは、タンパク質!まとめです。

脂肪燃焼スープダイエット時の満足感を得るためにもタンパク質を上手に摂りましょう。

また、酢やレモンを加えるのもオススメです。

学んで食べて綺麗になる!検定講座もオススメです↓

脂肪燃焼スープマイスター資格

◆ダイエット・薬膳など美容と健康のメルマガも無料なので読んでみてくださいね↓

脂肪燃焼スープダイエット無料メルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする