スーパーフードビーツのダイエット効果:レシピ付

スーパーフードビーツのダイエット効果についてです。

ビーツは、飲む輸血と言われるほど栄養価の高い野菜です。

ダイエットにも効果的なのでしょうか?

スーパーフードビーツについてレシピも含め詳しくみていきたいと思います。

スーパーフードビーツのダイエット効果

スーパーフードビーツのダイエット効果についてです。

ロシア料理のボルシチに入っているビーツは

食べる輸血と言われるほど栄養価が豊富です。

ビタミン、ミネラルが豊富なのはもちろんなのですが

他の野菜には、あまりみられない栄養素も含まれています。

  • ビーツに含まれるラフィノースというオリゴ糖の働きや
  • 赤い色素であるベタシアニンというポリフェノールの一種
  • 血管拡張作用のある一酸化窒素

が特徴的な栄養素です。

ビーツにはカリウム、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルや

ナイアシン、パントテン酸などのビタミンB類、

食物繊維などが含まれています。

赤紫色の色素は、ベタシアニンというポリフェノールの一種です。

ビーツは、赤紫色が一般的ですが、黄色やオレンジ色をした品種もあるそうです。

特に注目されるのが硝酸イオンです。

硝酸イオンは、体内に入ると一酸化窒素(NO)に変換されます。

一酸化窒素は、血管を柔らかくし血流を良くしてくれます。

まとめるとビーツの効果には

  • むくみ解消
  • 高血圧・動脈硬化の予防
  • 腸内環境を整える

などがあります。

ビーツには、食物繊維が豊富に含まれているので

便秘解消し腸内環境を整える効果が期待できます。

血液をサラサラにして代謝アップ効果があります。

むくみ解消効果もありダイエット効果の高い野菜だと言えます。

こちらも合わせてどうぞ↓

ダイエットの鍵は腸内環境

スーパーフードビーツの副作用

スーパーフードビーツの副作用についてです。

ビーツには、副作用があるのでしょうか?

ビーツが大好きで毎日食べ過ぎてしまうというほど一般的な野菜ではないので

食べすぎるということはあまりないかと思います。

もしも食べ過ぎた場合は、ビーツの赤い色素が尿に出ることもあるようです。

また、食べすぎると下痢や便秘を引き起こす場合もあります。

ビーツには、豊富な食物繊維やオリゴ糖が含まれているので

腸内環境を整えダイエットにも効果的なのですが

摂り過ぎると下痢や便秘を引き起こす場合があります。

身体にいいからと言って食べ過ぎるのは、良くないですね。

スーパーフードビーツの食べ方

スーパーフードビーツの食べ方についてです。

ボルシチで有名なビーツですが、ボルシチ以外には

どのように食べるのでしょうか。

ビーツは、生で食べることはほとんどなく茹でて食べます。

丸ごと茹でてから皮を剥きます。

皮を剥いてから茹でると栄養や色が出てしまうので、茹でてから皮を剥くようにしましょう。

茹でたものをサラダにしたり、スムージーやスープにして食べます。

ビーツをスライスした缶詰もあるようです。

私の近所のスーパーでは、茹でたものがパックになって時々売られています。

スーパーフードビーツのレシピ

スーパーフードビーツのレシピについてです。

ビーツのスムージー

材料

  • ビーツ水煮 50g
  • ブルーベリー 1/2cup
  • グレープフルーツ 1/2個
  • 蜂蜜 お好み
  • 水 300ml

作り方

  • グレープフルーツを絞るか袋から出して用意する
  • 材料を全部入れてミキサーにかける

スーパーフードビーツのダイエット効果:レシピ付まとめ

スーパーフードビーツのダイエット効果:レシピ付まとめです。

ビーツは、飲む輸血と言われるほど栄養価の高い野菜です。

料理には、茹でたものを使いましょう。

缶詰やペースト状になっているものも売られているようです。

食物繊維も豊富で腸内環境を整えダイエット効果もあります。

私は、スーパーで見かけた時に買ってきてスムージーにすることが多いです。

腸内環境を整えてダイエットに効果的なこちらもオススメです↓

完全無添加の酵素ドリンク優光泉

◆ダイエット・薬膳など美容と健康のメルマガも無料なので読んでみてくださいね↓

脂肪燃焼スープダイエット無料メルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする