ぽっこりお腹を解消する食べ物・レシピ付き

ぽっこりお腹を解消する食べ物についてまとめました。

そんなに太っているわけではないのに、お腹だけぽっこりでている。

40歳を過ぎたら、お腹だけ出てきて

というお悩みは、多いですね。

このぽっこりお腹、どうやったらすっきりとしたお腹にできるのでしょうか。

詳しくみていきたいと思います。

ぽっこりのお腹の原因

ぽっこりお腹の原因は、

  1. 内臓脂肪や皮下脂肪
  2. 便秘
  3. 内臓下垂
  4. 姿勢の悪さ・骨盤の歪み

が考えられます。

詳しく見ていきましょう。

1.内臓脂肪や皮下脂肪

内臓脂肪は、食事によって摂った栄養素が多過ぎてお腹を中心とした内臓に

脂肪が溜め込まれた状態で男性に多いです。

皮下脂肪は、皮膚と筋肉の間に脂肪が溜め込まれやすく

女性の肥満タイプに多いです。

中年以降は、代謝が落ちるため、食べる量は変わっていないのに、

痩せにくくなるという状態になります。

2.便秘

腸内にガスや便が溜まっている状態となりぽっこりお腹となります。

3.内臓下垂

お腹周りの筋力が落ちるために内臓を支えられずに

下垂するためぽっこりお腹になります。

4.姿勢の悪さ・骨盤の歪み

猫背などの姿勢の悪さや骨盤の歪みににより、

お腹がぽっこりと出た状態になります。

動画で見る↓

ぽっこりお腹を解消するには?
ぽっこりお腹解消2

ぽっこりお腹解消法

ぽっこりお腹解消法についてです。

代謝を上げ、便秘改善に繋がる食事に変える事が重要です。

お腹周りの筋肉を鍛え骨盤の歪みを改善していきます。

こちらも合わせてどうぞ↓

骨盤底筋ヨガでぽっこりお腹解消

反り腰改善ストレッチでぽっこりお腹解消

ぽっこりお腹を解消する食べ物

ぽっこりお腹を解消する食べ物についてです。

内臓脂肪・皮下脂肪を取り除き便秘を改善するには、

たっぷりの食物繊維とビタミンやミネラルの摂取です。

ぽっこりお腹解消レシピ

ぽっこりお腹解消レシピです。

便通を促し脂肪燃焼に良いスープです。

下半身痩せスープ

材料:

  • 大豆の水煮
  • 玉ねぎ
  • キャベツ
  • 昆布
  • 塩・鶏がら

作り方:

  • 昆布をあらかじめ水に漬ける。
  • スライスしたたまねぎと、ザク切りしたキャベツを入れ、大豆の水煮を入れ、鶏ガラ・塩で味を調える。

*お好みで豆乳を入れたり、醤油・味噌などを用いたりして、味にバリエーションをつけるようにします。

海藻スープ

材料:

  • もずく50g
  • ワカメ50g
  • トマト小 1個
  • 塩・・少々
  • 胡椒・少々
  • 酒:小さじ1
  • 醤油:小さじ1/2
  • 鶏がらスープ

作り方:沸騰した鍋にもずく、ワカメ、トマトを入れ、味を整える

納豆汁

材料:

  • 納豆 1パック
  • 里芋 1~2個
  • 七味

作り方:

  • お水を沸騰させて里芋を入れて煮る。
  • 納豆を入れて、味噌、だしの素で味を整える。

脂肪燃焼スープ

脂肪燃焼スープは、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富なので

ぽっこりお腹解消にもオススメのスープです。

詳しいレシピとやり方は↓

脂肪燃焼スープダイエットのやり方

腹肉がすぐに落ちる!

ぽっこりお腹を解消する食べ物・レシピ付きまとめ

ぽっこりお腹を解消する食べ物・レシピ付きまとめです。

ぽっこりお腹を解消するためには、骨盤の歪みを整えたり、

便秘を解消し代謝を上げる食事が大切です。

ぽっこりお腹解消レシピは、誰でも簡単に作る事ができますので

是非一度、お試しくださいね。

もっとお手軽に飲むだけで解消したい!という方には

こちらもオススメです↓

酵素ドリンクダイエットのやり方と体験談

◆ダイエット・薬膳など美容と健康のメルマガも無料なので読んでみてくださいね↓

脂肪燃焼スープダイエット無料メルマガ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする