体を温めるスパイスで温活ダイエット!レシピ付

体を温めるスパイスで温活ダイエット!レシピ付きです。

スパイスは、手軽に手に入る便利なハーブです。

このスパイスで体を温め痩せやすい体質へと変わりましょう。

詳しく見ていきたいと思います。

スパイスとは?

スパイスとは、どのようなものを指すのでしょうか?

スパイスとは香辛料のうち、利用部位として茎と葉と花を除くものの総称です。

具体例
ニンニク、ショウガ、ごま(ごまの種子)、唐辛子、ホースラディシュ(西洋ワサビ)、マスタード(からし)、ケシノミ、ゆず、胡椒、ナツメグ、シナモン、パプリカ、カルダモン、クミン、サフラン、オールスパイス、クローブ、山椒、オレンジピール、ウイキョウ、カンゾウ、フェネグリーク、ディルシード、カショウ、ロングペパーなどです。

引用元:全日本スパイス協会

では、香辛料とは、どのようなものを言うのでしょうか?

香辛料とは食品の調理のために用いる芳香性と刺激性を持った植物を香辛料と呼んでおります。

語源はラテン語のSpicesです。

引用元:全日本スパイス協会

スパイスは、種をすり潰したようなものが多いですよね。

体を温めるスパイス

体を温めるスパイスは、たくさんありますが、ここでは

  • 世界の四大スパイス
  • 日常良く使われる体を温めるスパイス

について詳しく見ていきたいと思います。

世界の四大スパイス

世界の四大スパイスと呼ばれているものは、

  1. 胡椒
  2. ナツメグ
  3. シナモン
  4. クローブ

です。

詳しく見ていきましょう。

1.胡椒

ブラックペッパー、ホワイトペッパー、グリーンペッパーの3種類があります。

胡椒の辛味成分ピペリンには栄養の吸収を促し、血流を良くする働きがあるとされています。

2.ナツメグ

ニクヅクと呼ばれる漢方薬としても有名です。

胃腸を温めてくれるスパイスです。

3.シナモン

シナモンには、体の冷えを取り除き、血の巡りをよくする成分が含まれています。

4.クローブ

生薬の丁子としても知られていて、体の内部の冷えからくる不調に漢方としても使われています。

日常良く使われる体を温めるスパイス

日常的に良く使われるスパイスとして

  1. ニンニク
  2. 生姜
  3. 唐辛子
  4. 山椒

があります。

詳しく見ていきましょう。

1.ニンニク

にんにくの香り成分である「アリシン」には代謝をアップさせ、血行を促進させる働きがあります。

このアリシンはビタミンB1と結合しビタミンB1の腸からの吸収を助ける働きもあります。

2.生姜

体を温めることで知られている生姜。

生姜に含まれるショウガオールが燃焼効果を高め、熱を作り出します。

3.唐辛子

唐辛子に含まれるカプサイシンは、代謝をアップし体を温める働きがあります。

昔は、漢方として用いられていました。

4.山椒

山椒に含まれるサンショオールは、代謝をアップし胃腸を整える働きがあります。

体を温めるスパイスがたっぷりのカレー

体を温めるスパイスがたっぷり入っているのがカレーでもありますね。

カレーの主成分であるレッドペッパーは、体を温めてくれる働きがあります。 

胡椒、シナモン、クローブ、ニンニク、生姜もカレーに入れることが多いですよね。

市販のカレールーには、小麦粉や油などもたっぷりと含まれているのでダイエットには向きません。

スパイスを上手に組み合わせたカレーがオススメです。

こちらも合わせてどうぞ↓

ダイエットにオススメの油

太りにくい食べ方ってあるの?

ターメリック

ターメリックは、体を温める働きがあるスパイスとまではいかないのですが

美容・健康にいい成分がたっぷりと含まれています。

ある研究ではカレーを食べる機会が多い人ほど

認知機能や記憶力が保たれるということが証明されました。

昨今は若年性の認知症も話題となっていますね。 

アルツハイマー病は脳に沈着したベータアミロイドがたまっていくことで

脳の神経細胞が死んでしまうことが原因であることがわかりました。

しかもベータアミロイドは、20年の歳月をかけてたまっていって

発病するわけなので 若いから関係な〜い! なんて言ってられませんよ。

このベータアミロイドを除去するお掃除係が 

免疫細胞の一種であるマクロファージですが 

カレーに使われているターメリックの主成分クルクミンに

ベータアミロイドを除去する働きを強化することが確認されたのだそうです。

ターメリックつまり、ウコンのことです。

ウコンは、栄養ドリンクにもありますしよくCMもされているので

ご存知かと思います。 

ただ、市販のカレールーは、ターメリックの含有量が低いそうなので 

ターメリックを買ってきて追加するといいですね。

さらにそこにきな粉を加えると一層クルクミンの吸収率が高まります。

体を温めるスパイスで温活ダイエット

体を温めるスパイスで温活ダイエット出来ます。

体を温めると代謝アップするのでダイエットには、とても効果的です。

体を温めるには、気血の巡りを良くするスパイスを一緒に取ることがオススメです。

気の巡りを良くするスパイスには、カレーにも使われいてる

カルダモン、ターメリック、コリアンダーなどがあります。

こちらも合わせてどうぞ↓

温活ダイエットで綺麗に痩せる!

薬膳の取り入れ方

体を温めるスパイスレシピ

体を温めるスパイスレシピのご紹介です。

棗茶

材料:

  • 干し棗 20個
  • 生姜
  • 水 300cc
  • 黒砂糖

作り方:

  • 鍋に干し棗を入れて沸騰させてから1時間煎じる。
  • すり下ろした生姜、黒砂糖を入れて飲む

シナモン葛湯

材料:

  • 生姜:親指大
  • 本葛粉:25g
  • 水:300ml
  • シナモン:小さじ1/2〜1
  • はちみつ:お好みで

作り方:

  1. 葛粉を分量の水で溶く
  2. 鍋に1を入れて弱火で良くかき混ぜる
  3. 透明になったら器に移し、生姜、はちみつ、シナモンを加える

引用元:ジュースクレンズダイエット63P

健康な時に、葛湯で体調管理もいいですね。

風邪予防に葛湯を作って飲むのもいいのではないでしょうか。

体を温めるスパイスで温活ダイエット!レシピ付まとめ

体を温めるスパイスで温活ダイエット!レシピ付まとめです。

体を温めるスパイスは、手軽に手に入るものが多いので温活ダイエットに利用できます。

ダイエットの基本は、温活からですね。

体を温めるスパイスレシピも簡単ですので、是非、試してみてくださいね。

もっと簡単にスパイス温活したい方には、こちらもオススメです↓

スパイス温活にオススメのアルポカヒートスムージー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする